インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム

ブログ活用術!!

第48回: アクセスアップを図る(その2)

  • 2013-02-25(月)12:06
  • 更新日:2013-02-25 12:06

前回(第47回)をご覧頂き、早速ブログの告知をお試し頂けましたでしょうか?
何事もチャレンジしなければ何も変わりません。是非騙されたと思って実践してみて下さい。
数ヵ月後、数年後、必ずみなさんのブログが活動を大きく助ける事となります。
さて、前回の予告通り、今回は「投稿記事が圧倒的に少ない」と何故アクセスされないのか?に触れていきたいと思います。
 

■「投稿記事が圧倒的に少ない」と何故アクセスされないのか?

第44回で触れましたが、誰かが関心事等をインターネットで「検索」してヒットするのがブログです。この「検索」にヒットするということは、ブログの投稿記事やタイトルに対して起こります。つまり、検索にヒットするはずの投稿記事が少ないと人が集まらず、多いとその分人が集まるブログということになります。
検索する時に入力するキーワードは人によって様々です。「エアロビクス」を検索する人もいれば、「有酸素運動」や「ヨガ」というキーワードを使う人もいます。
様々なキーワードでみなさんのブログがヒットする為には、ヒットする「投稿記事」が多いこと、つまり、ブログのこまめな更新が必要不可欠となります。
一度投稿した記事は削除しない限りブログ上にずっと残ります。最初は僅かばかりの投稿数も、更新し続けることで100、200…1000と増えていきます。検索される母数が増えるわけですから、必然的に検索にヒットする可能性が高くなっていきます。
 
ブログは人の目に触れられてこそ、その価値を高めていきます。その為に一番大切なのは、とにかく「更新を続けていくこと」です。人気ブログと呼ばれているブログも、最初から注目を集めていたわけではありません。地道にコツコツと更新を続けていったからこその結果です。
まずは週に2~4投稿の更新を目指してみて下さい。
 
次回はより検索にヒットしやすくなるコツをお伝えします。こまめな更新がより効果を発揮すること間違いなしです!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第47回: アクセスアップを図る(その1)

  • 2013-01-25(金)16:46
  • 更新日:2013-01-25 16:46

2013年も良いブログライフが送れるように、ブログ活用のお役立ち情報をお届けします。
さて、ブログを始めて一番気になるのは「どのくらいの人が読んでくれているのかな?」ではありませんか?仕事として利用していてもそうでなくても、誰かの目に留まって(アクセスされて)こそのブログです。できるだけ多くの方に読んで頂くための工夫をしていきましょう。
 

■ブログに人が集まらない理由を知る

ブログに人が集まらない大きな理由は以下の2つです。
 
1.ブログの存在が知られていない
2.投稿記事が圧倒的に少ない

 
みなさんのブログは、この2つの事をクリアしていますか?
どっちも大丈夫!という方も、クリアしていない?という方も、今回以降のブログ活用術を読みながら、是非一度確かめてみて下さい。
 

■ブログを知ってもらうためにすること

みなさんがブログをつけていることを知る人が少なければ、直接ブログにアクセスされる事はありませんので、アクセスが少ないのは納得の理由です。
第37回「ブログの有効活用(告知・誘導編)」でもお伝えした通り、まずは、みなさんのブログの存在を広く多くの方にお知らせする必要があります。
 
1.名刺にブログのアドレスを入れる
2.ブログカード(ブログ専用の名刺)を作る
3.レッスンの前後にブログの存在を告知する
4.メールの署名にブログのアドレスを入れる

 
等々、ブログの存在をアピールする方法はあります。
1と4の方法はすぐに取り入れられるので、是非お試しください。
また、レッスンのポイントや、イベント情報等をブログにアップし「ポイントを後でブログにアップしますので見て下さい」とアナウンスするのも効果的です。
とにかく、まずはみなさんのブログの存在を周りに広めていきましょう。
かく言うメッツのスタッフは、名刺にもメールの署名にもそれぞれのブログアドレスが明記されています。
 
次回は2つ目の理由「投稿記事が圧倒的に少ない」と何故アクセスされないのか?をお伝えします。これまで耳にタコができるくらい「更新しましょう!」と私が言っていた理由がハッキリするはずです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第46回: 2012年と2013年

  • 2012-12-25(火)10:00
  • 更新日:2012-12-21 21:43

2012年も残すところ僅かです。1年の締めくくりとして、2012年を振り返りつつ、2013年について考えてみたいと思います。
 

■ ブログやFacebook、TwitterといったSNSが浸透した2012年

2012年、Facebook利用者が急激に増え、ブログとFacebook、TwitterといったSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に益々注目が集まりました。
特に、ブログとFacebookはフィットネスインストラクターやトレーナーの多くの方々が利用し始め、その活用方法に皆さん苦戦を強いられていたようでした。ブログとFacebookではそれぞれ特徴があり、それを活かした使い方をしてこそ、その本当の効果を発揮していきます。
広く公開したい情報ならばブログ、蜜にコミュニケーションを図りながらの情報ならばFacebookを活用していくのが効果的です。そのためには、発信したい情報を「誰に(どんな人に)」届けたいのかを整理することが重要となります。(第43回~第45回参照)
 

■ より効果的な活用を目指す2013年

ブログやFacebookの特徴を知り、それに沿ったご自身なりの活用をしていきましょう。
この情報は誰に(どんな人に)届けたいのか、それはブログ(オープン)でなのか、Facebook(クローズ)でなのか、その両方でなのか、をきちんと考えることを徹底してみてください。
また、同じ情報でも、不特定多数に伝えるのか、友達などの知り合いに伝えるのかで、言い回しや言葉遣いも意識して変えていきましょう。
そして、一番重要なのは、「更新をし続ける」ことです。更新すればするほど、ブログは検索にかかりやすくなり、多くの人の目に触れられるようになります。
2013年、まずは「こまめな更新」から意識していきましょう。
 
日々の更新、情報をお届けすることに終始しがちですが、2012年のうちに一度ご自身のブログやFacebookを見直してみてください。
そして、「ブログを始めようと思ってはいるのだけど・・・」と思っている人は、今年中にブログの世界に飛び込んでみてください。
 
2012年は大変お世話になりました。2013年も、皆様のブログライフが益々素晴らしい物となるような「ブログ活用術」をお届けしたいと思っております。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第45回:ブログとFacebookはきちんと使い分けること ~ 集まり方に合わせた情報発信 ~

  • 2012-11-26(月)11:41
  • 更新日:2012-11-26 11:41

第43回からお伝えしてきた「ブログとFacebookをきちんと使い分けること」シリーズは今回で最後です。今回は、ブログとFacebookへの人の集まり方の違いによる、情報発信のポイントをお伝えしたいと思います。
 

■ 「オープンなブログ」と「クローズなFacebook」

「ブログ」に集まる方は、「検索」で偶然見つけたという「全くの初めましての方」もいらっしゃれば、いつも立ち寄って下さる「リピーターの方」もいらっしゃいます。つまりは、インターネットさえ利用できる状態にあれば、どんな方でも集まることができ、どんな方にも投稿記事を読んでいただけ、どんな方にも情報をお届けすることができます。
このような状態を「オープン」といい、このオープンな状態であるからこそ、多くの方に情報をお届けすることができるのです。
 
「Facebook」では、インターネットが利用できる状態で、「Facebook」に登録をしている人であることが前提で繋がりを持つ(友達になる)ことができ、その繋がりから情報をやり取り(交流)することができます。つまり、条件を満たしている人にしか情報をお届けすることや情報を受け取ることができません。
このような状態を「クローズ」といい、限定された範囲でのみ情報をお届けすることになりますが、密にコミュニケーションを図ることができるのです。
 

■ 情報をお届けするポイント

同じようにインターネット上に存在する「ブログ」と「Facebook」ですが、人の集まり方が違うので、情報をお届けするポイントが違います。
「ブログ」には、「全くの初めましての方」から「リピーターの方」へ向けて、イベント情報やフィットネス、健康について等、みなさんが配信したい情報をどんどん投稿していきます。また、「オープンな状態」ですので、「どんな方にも伝わる」言葉や表現、図を使って投稿することで、偶然立ち寄った運動不足の方をフィットネスファンに変えるかもしれません。
「Facebook」では「コミュニケーション」重視です。もちろん情報の発信はしますが、幅広い方にというよりは、繋がりのある「お友達」に「私の友達にも紹介したい!」と思っていただける情報を配信していきます。そのために、繋がりの中で、「お友達」の欲求や好みを見つけ、その欲求や好みを刺激する情報を配信すると良いでしょう。その情報も、「ブログ」の中からピックアップして、「Facebook」の「近況」やブログ内の「いいね!」から紹介(シェア)するとスムーズです。
例えば、「急に寒くなってきたので筋肉がこわばりがち」な「お友達」に「筋肉の緊張を和らげるストレッチ法」をお届けします。その際、ブログの投稿を紹介すれば、毎年スムーズに情報をお届けできます。
 
「ブログ」も「Facebook」もその性格に合わせた活用で、みなさんの活動に役立てて下さい。
 
**Facebookで「梅村隆」や「駒礼子」を検索、「友達」申請をしていただきましたら幸いです**

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第44回:ブログとFacebookはきちんと使い分けること ~ 人の集まり方を知る ~

  • 2012-10-25(木)17:45
  • 更新日:2012-10-25 17:45

前回に引き続き、ブログとFacebookを使い分ける理由をお伝えしていきます。
前回はブログとFacebookの性格(特徴)に合った使い方をしていくために、その性格(特徴)の違いをお伝えしました。
今回は、ブログとFacebookへの人の集まり方の違いをお伝えしたいと思います。
 

■ 「情報に人が集まるブログ」

誰しも、関心・興味のある事や今すぐ解決したい悩みや問題がある時にGoogleやYahooで「健康 運動」などと入力して検索します。この検索でヒットするのが「ブログ」です。ブログは、投稿記事に書かれた情報が蓄積され、その記事を削除しない限りずっとインターネット上に残ります。つまり、記事を投稿すればするほどインターネット上に蓄積され、検索にヒットし易くなり、ブログに書かれている内容に興味や関心がある人が集まります。
 
例えば、白金でエアロビクスサークルを探したい場合、「白金 エアロビクス サークル」といった検索をします。この時、「白金」にある「エアロビクスサークル」の情報さえわかれば、「今見ているのは誰のブログなのか」という点は気にしません。
要するに、ブログに書かれた情報(投稿記事)が、一度もお会いしたことない方、全く知らない方にとって必要なもの、知りたい情報であれば、そのブログにその情報を求めて人が集まってくるということになります。そして、そのブログがみなさんのブログでもあります。
 

■ 「繋がりのFacebook」

信頼する人や友人・知人が「これいいよ!」と勧める情報を入手していくのが「Facebook」です。Facebookは、ウォールに投稿するとその情報を既に繋がっている「友達」に伝える仕組みになっています。つまりは、みなさんの発信する情報に、「検索」から人が訪れるのではなく、繋がりのある「友達」に情報を届けることになります。
Facebookでは、単純に情報が欲しくて人が集まるのではなく、基本的には「この人」と決めた人の発する情報が欲しくて人が集まります
 
例えば、どこかの誰かがお勧めするウェア情報ではなく、「梅村隆」から発せられる「このウェア、かっこいいね!」という情報が欲しくて人が集まります。
要するに、どんな情報を発しているかどうかよりも、「この人」と決めた人が発している情報なのかに注目され、「この人」と決めた人の「情報」に人が集まります。
 
同じようにインターネット上に存在していても、「ブログ」と「Facebook」では、集まってくる人の注目する点、興味を持っている対象が違います。
この「違い」をヒントに、「ブログ」「Facebook」をそれぞれ活用していただくのも良いかと思います。
 
**Facebookで「梅村隆」や「駒礼子」に「友達」申請をしていただけましたら、大変嬉しく思います**

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム

ブログFiT
  • ブログFiTサポート
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る