インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > ブログ活用術

ブログ活用術のアーカイブ

第58回:2013年と2014年

  • 2013-12-20(金)17:15
  • 更新日:2013-12-20 17:15

2013年も残すところ僅かとなりました。今年も1年を振り返りつつ来る2014年に想いを馳せて行きたいと思います。
 

■スマホ普及率アップによる一層高まるSNS利用者数

日経BPコンサルティングのまとめた調査で、日本国内でのスマートフォン普及率は28.2%と発表されました。これは日本の人口に対する割合であり、おおよそ3~4人に1人がスマートフォンを利用している計算になります。超高齢化社会と言われる日本において幅広い年齢層でスマートフォンが利用されていると予想できます。
 
また、2013年6月末時点で、日本におけるFacebookの月間利用者数は2100万人とFacebookが発表しました(8月14日)。うち86%に当たる1800万人程がモバイルから利用しているそうです。
 
インターネット接続が簡単にできるスマートフォンの普及率が上がるにつれ、ますますブログやFacebook、TwitterといったSNSの利用・閲覧が増えてきました。
 
 

■「きっちり使い分け」を目指す2014年

ブログやFacebookといったSNSの利用者は日々増加していますが、果たしてそれぞれの性質に合わせて使い分けをしている人はどのくらいいるのでしょうか?
トレーニングも正しく行わなければ得られる効果は少なくなります。同様にSNSもその性質に合わせて正しく利用することでより高い効果を目指していきましょう。
 
そのために、2013年のうちにそれぞれの性質を改めて再認識し、みなさんの活動にどう活用していくかを見つめ直してみてはいかがでしょうか?
その手助けに「ブログ活用術」をご活用いただけたら大変うれしく思います。
 
 
2013年も多くの方にご愛読いただき、誠にありがとうございました。
このブログ活用術が多くの方の活動をお手伝い出来ますことを、切に願います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第57回:文と文の間について

  • 2013-11-25(月)09:32
  • 更新日:2013-11-25 09:32

今回は投稿記事を書く上で必要な「間(ま)」についてお話ししたいと思います。
 

■「間(ま)」が大事なのはブログも同じ

 
文章がずらずらずらと区切りなく綴られていたり、行と行の間に5行以上の間があいていたり、文章の途中で改行されている投稿記事を見かけることがあります。
文章の途中での改行は論外ですが、改行や行間が文章を読みやすくし、内容を理解するのを手伝ってくれます。
 
そもそも、一つのテーマに対し、物事の区切りが「段落」、文章の区切りで行を変えるのが「改行」です。
一度も場面が変わらない話や、息継ぎもしないで話をする人はなかなかいません。
投稿記事は文字にして伝えているだけで、基本的には口頭で話すことと同じだと思います。
 
レッスンでも適度な「間(ま)」が大事な場面があるように、ブログの投稿記事でも大事なのです。
 

■「間(ま)」の取り方

 
一つの「段落」は3~5行がいいと言われています。そして「段落」と「段落」の間は1行もしくは2行の「間(ま)」を開けると読み易さに繋がります。
伝えたいことが溢れ出て、一気に書き上げたい気持ちになりますが、「間(ま)」がないと読み手は読んでいて息苦しくなってしまいます。
 
また、何行か使ってたっぷり「間(ま)」を取るブログを見かけます。5行以上使ったたっぷりの「間(ま)」を一行ごとにいれると、全部の文章を読むのに読み手は画面をたくさんスクロールすることになります。忙しい合間にブログを読んで下さる方にはとても不親切なのではないでしょうか?
 
文章を書いたら、一旦落ち着いて見直してみましょう。
その文章は読み手に親切な「間(ま)」が取られていますか?
 
但し、エッセイや詩のように「想い」を表現するためのあえて取るたっぷりの「間(ま)」は例外です。
 
自分の「読みやすい」が必ずしも読み手の「読みやすい」と同じではありません。
ちょっとの気配りが読み手の心をぐっと惹きつけます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第56回:動画を活用する

  • 2013-10-25(金)10:08
  • 更新日:2013-10-25 10:08

ブログは文字や写真だけでなく「動画」を使って情報をお届けすることもできます。
今回はブログでの「動画の活用」についてお話ししたいと思います。
 

■「動画」を使うメリット

「動画」は、目と耳の両方から情報が入ってきます。つまり、二方向からのアプローチができることになります。エアロビクス等のレッスンで言うところの「バーバルキュー」と「ビジュアルキュー」のようなイメージです。
 
では、どういった内容を「動画」にするメリットがあるでしょうか。
例えば、「コリオのポイント」「ストレッチ方法」等、動きを文章で説明するのが難しい内容は、実際に動きを観ていただく事が出来るので、閲覧者の「なるほど!」「やってみよう!」を引き出します。
また、「イベント告知」を「メッセージ」として「動画」にするのもCM効果バツグンです。
この手法は最近ちらほら見かけるようになってきました。
大好きなインストラクターの動いてる姿が観られるのは嬉しいものです。
 
ここで、動画を使うなら「YouTube」がお勧めです。YouTubeはGoogleの検索にもヒットしやすいので、より多くの方の目に留まりやすくなります。
また、 利用者・閲覧者は非常に多いので、ブログに訪れていない方にも動画を観ていただく機会に恵まれます。
 
 

■YouTubeにアップした動画をブログに貼る

YouTubeの動画はとても簡単にブログに載せることが出来ます。YouTube動画下にある「共有」のアドレスをブログにペタッと貼り付けるだけで良いのです。
 
【手順】
1.YouTube動画の下にある「共有」リンクをクリックします。
2.[この動画を共有]の下にある「http://toutube.be/○○○」というアドレスをコピーします。
3.2のアドレスをブログの記事にペーストします。
 
 
ブログに「動画」を貼りつけるだけで、よりわかりやすい説明や心に残るご案内ができるようになります。
文字や写真だけでなく、「動画」もうまく取り入れてブログを一層活用していきましょう。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第55回:「いいね!」を増やすのが目的ではない

  • 2013-09-25(水)11:15
  • 更新日:2013-09-25 11:21

「Facebookを始めてブログに手が回らない」というお声を耳にします。Facebookでは閲覧した友達から「いいね!」を押されることで「こんなに見て(読んで)もらっている」実感を受けやすいと思います。
私も「いいね!」の数が増えるとうれしくなります。ですが、「Facebookをしてるからブログはしなくていい」というのは勘違いです。
 

■ブログの更新あってのFacebook活用

 
Facebook利用者が増えているからブログより効果があるように見えますが、ブログとFacebookはその性格が違うというだけで、どちらも大切なのです。
「興味関心で惹きつけるブログ」と「人との繋がりで惹きつけるFacebook」。ネット上で情報を配信するということは同じなのですが、ブログとFacebookでは惹きつけ方が違います。
※ブログ活用術の第43回第44回第45回参照。
 
おおまかに言うと、「ブログ=情報を貯めておく場所」、「Facebook=情報を流す場所」になります。
インターネットを使って、「フィットネス情報をお届けしたい」「フィットネスに興味を持ってもらいたい」という気持ちがあるなら、出来るだけたくさんのフィットネス情報を用意しておくことが大切になります。
ブログの更新を怠っては本末転倒です。気をつけたいところです。
 
Facebookで流した情報はあっという間に人の目に触れられないところまで流れていきます。
しかし、ブログに情報が貯めてあれば、またFacebookに流すことが簡単にできます。
限られた空間にいる人だけでなく、多くの人にフィットネスの素晴らしさを知ってもらいたいと思っている方はもちろん、ビジネスに繋げていきたいなら、ブログへの情報の蓄積は忘れてはいけません。
 
みなさんがブログやFacebookを使っているのは「いいね!」を増やすためではなかったことを思い出し、今日からまたブログへ情報蓄積していきましょう。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第54回:プロフィールを充実させる

  • 2013-08-25(日)09:24
  • 更新日:2013-09-25 11:19

みなさんのブログには「プロフィール欄」や「プロフィールページ」「自己紹介ページ」はありますか?
今回はプロフィールについてお話ししたいと思います。
 

■初めましてのご挨拶のプロフィール

特に初めてブログに訪れた場合、ブログの著者を知ろうとプロフィールを探す人は意外と多いようです。
私も初めて読むブログの著者のプロフィールは確認します。
どんな人なのか?どんな経歴なのか?どんなことをしている人なのか?
様々なポイントでその人を知ろうとします。
 
まずはみなさんに興味をもってもらい、ブログ記事へ誘導していけるようプロフィールを上手に活用してみましょう。
 
そして、「プロフィールページ」があるブログなら、そこに「お問合せ先」の明記や「お問合せフォーム」を設置することを強くお勧めします。
プロフィールを見て「この人にお仕事を依頼してみたい!」と思った人から連絡をもらいやすくなります。
 
 

■覚えてもらってこそのプロフィール

プロフィールは「自己紹介」です。つまりは、相手にみなさん自身を印象付ける必要があります。
名前と簡単な肩書きだけでは、ブログに訪れた人々(読者)に印象付けることは難しいかと思います。
また、読者に配慮の無い内容も、印象に残らないどころか一見さんで去ってしまう可能性が高くなります。
 
性格や特徴などを単なる箇条書きに終わらせず、エピソードなども踏まえて具体的に紹介してみてください。
 
例えば、「趣味は筋トレです。」より、「毎日必ず腕立て100回、腹筋100回を2セット行っています。もちろん遠征先のホテルでも忘れません。」の方がより具体的で印象に残りやすくなります。
 
今までのプロフィールを見直し、読んだ人の記憶に残るプロフィール作りを心掛けてみましょう。
但し、あまりに細かい個人情報は、身の危険にも繋がりかねません。
曝け出し過ぎず、謎に包み込み過ぎず、程よい距離感で書くことをお勧めします。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > ブログ活用術

QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る