インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > ブログ活用術 > 第52回:タイトルがポイント(その3)

第52回:タイトルがポイント(その3)

  • 投稿日:2013-06-25(火)11:09
  • 最終更新日:2013-06-25(火)11:11

前回(第51回)に引き続き、タイトルの付け方を具体的にお伝えしたいと思います。

■目を惹く面白いタイトルをつける

タイトルを見て「このブログ(投稿記事)読んでみたい!」と読者(閲覧者)のみなさんに思っていただく必要があります。
例えば
 
「フィットネス人口3%と言われる現状について」
 
よりも
 
「梅村が吼える!フィットネス人口3%と言われる現実」
 
というタイトルの方が読者(閲覧者)の「見てみたい」欲求を刺激すると思いませんか?
 
また、読者(閲覧者)が「私のことかも!」と自分に関係があると思わせるタイトルも人の目を惹きます。
例えば
 
「夏までに美しく痩せたいあなたへ」
 
よりも
 
「20代最後の夏に恰好よく水着を着たいあなたへ」
 
の方が29歳の人は「私のことだ!」とより強く感じます。
ここでは「私にも当てはまる」ではなくて「私のことだ」と思わせるのがポイントです。
 
なんだか良く分からないけど「とにかく面白そう」と思わせるタイトルや「とにかく興味をそそられる」タイトルも人の目を惹きます。
例えば
 
「メッツ社長 梅村がワインを辞めた理由」
 
梅村を知る人は誰しも「あのワイン好きがどうして!?」とその理由を知りたくなるはずです。
ここでは、ブログのリピーターや梅村を良く知る読者(閲覧者)への効果が高くなりますが、はじめましての読者(閲覧者)の目は惹きにくいので注意が必要です。
 
 
第49回から今回までで、タイトルが如何に重要かをお伝えしてきました。
ブログを書くときにタイトルを入れ忘れてしまうなんて、そんな勿体ないことをしてはいけません。
最近ではメールでブログを更新する「メール投稿」時にメールタイトルを入れ忘れて、ブログ記事のタイトルがないものも見かけます。
折角の更新ですから、多くの方の目に留まるよう、投稿記事本文同様タイトルも大切にしていきましょう。
そのタイトルも、こまめな更新があってこそ効果を発揮しますので、日々の更新もお忘れなきよう。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)