インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > ブログ活用術 > 第51回:タイトルがポイント(その2)

第51回:タイトルがポイント(その2)

  • 投稿日:2013-05-24(金)12:12
  • 最終更新日:2013-05-24(金)12:12

前回(第50回)に引き続き、タイトルの付け方を具体的にお伝えしたいと思います。
 

■具体的な内容(固有名詞など)を含める

タイトルが検索にヒットしやすいので、投稿記事の内容をタイトルに含めることを意識していきます。
そのために、投稿内容に合ったキーワードや投稿記事に出てくるキーワードをタイトルに含めてみましょう。例えば、5月25日に開催するイベントの情報をブログでお知らせしたい場合、「イベント」というタイトルより「5月25日 渋谷でエアロビクスのイベントを開催」と、より具体的な内容を含めたタイトルにすることにより、「5月25日」「渋谷」「エアロビクス」などの単語で検索された時にヒットしやすくなります。このとき、タイトル内の「エアロビクス」は、「エアロビクス」「エアロ」「エアロビ」のどの検索キーワードにもヒットします。つまり、単語の一部をヒットさせてくれるということになります。
また、「筋トレ」というタイトルは例えば「肩から背中を筋力アップするトレーニング」のように内容に合わせて具体的なキーワードを使う方がアクセスアップに於いても効果的です。
 
投稿記事のタイトルは、インターネットで検索をしている人だけでなく、Googleなどの検索エンジンにも「この記事にはこんなことが書いてありますよ」と伝えるものになります。
とはいえ、検索エンジンを意識しすぎて面白味を感じないタイトルは人の心を惹きつけにくくなります。
例えば、先例の場合「肩から背中を筋力アップするトレーニング」より「超簡単!後ろ姿を美しくする方法|肩から背中のエクササイズ」の方がこれからの季節、興味を持たれやすいと思いませんか?
「人」と「検索エンジン」どちらのことも意識してタイトルをつけてみましょう。
 
次回は3つのポイントの最後「3.目を惹く面白いタイトルをつける」について詳しくお話したいと思います。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)