インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > ブログ活用術 > 第32回:モバイル・スマートフォン調査

第32回:モバイル・スマートフォン調査

  • 投稿日:2011-10-21(金)14:11
  • 最終更新日:2011-11-30(水)12:57

昨年のiPhone(アイフォーン)ブームから今年は一気にAndoroid(アンドロイド)スマートフォンの利用者が増えてきました。
約半年前の第25回「携帯電話とスマートフォン」では「ブログFiT」を通して携帯電話やスマートフォンの利用率を調査して見ました。その続編です。


■念のため、スマートフォンとは

携帯電話よりやや大きいですが、パソコンと同じようにインターネットや音楽を視聴できる携帯端末です。スマートフォン自体の仕組みは従来の携帯電話より、もっとパソコンに近いものです。そのためOS(オーエス)がありますが、Windowsではありません。
このOSの名前によって、スマートフォンの種類が分類されます。AndoroidとはスマートフォンのOSの種類です。iPhoneとAndoroidはどちらもスマートフォンですが、OSが違います。ちなみに、ソフトバンクでのみ販売されていたiPhoneはauでも販売される事になりましたね。Andoroidはドコモやソフトバンクau等で販売されています。

■スマートフォン調査

某調査機関の結果からです。話題の「Facebook」の利用者のうち、携帯電話が10%弱、スマートフォンは60%を超えたそうです。なるほどとうなずける数値です。その反面「着うた」の設定に関して、携帯電話利用者の50%を超える方が設定しているのに対し、スマートフォンでは7%未満の利用率だそうです。
昨年は30代の方の利用率が多かったスマートフォンも今年2011年はティーンエイジの所持率が30代を上回りました。全体としてはやはり20代の所持率が牽引しています。
私個人の周りでは、小学生のお子さんを持つお母さん世代では、スマートフォンの人気はそれほど高くないようです。タッチスクリーンが前面全体に表示されるスマートフォンならではの使い勝手と利用の価値観に対するメリットを見い出せないようです。

■モバイル利用率

ブログFiT全体では、平均して閲覧者の33%弱が携帯電話やスマートフォンを利用して閲覧しています。スマートフォンに限定すると、13%弱ぐらいです。前回から比べると数%程度増えたようです。
モバイル率が高いブログの場合は45%を超えます。半数弱がモバイルでの閲覧となり、そのうち3割がスマートフォンでした。半年前と比べ、数値としては数%の伸びですね。
私や周りのスマートフォン利用者を見ると、電話やメールの利用だけではなく、スケジュール管理や仕事の情報管理も、ゲームとしてもしっかり利用しているようです。電話やメールを主としない使い方が出来るモバイル端末として普及していく事でしょう。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)