インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > ブログ活用術 > 第14回:ブログを意味あるものにするには

第14回:ブログを意味あるものにするには

  • 投稿日:2010-04-20(火)00:00
  • 最終更新日:2011-07-15(金)13:04

ここはコラム掲載時の原稿をそのまま表示したページです。

ブログは、企業ホームページよりもっと個人色が出てきます。これは、対面で指導するお仕事の皆様には、最適なツールとなります。注意するべきは、不特定多数の前に公開するブログとは言え、インストラクター・トレーナーである事を忘れ無い事です。
ブログの読者は、必然的に皆さんの生徒さんや、仕事関係の方が読者となります。もちろん、ネットで偶然通りかかった閲覧者が継続読者になってくれる事もありますが、その場合でも皆さんの職種に興味を持っている方が多いのではないですか。だから、バランス的には、レッスンの現場とプライベートの中間に位置するような感覚で、ブログを運営すると良いでしょう

魅力部分を別角度からアピール!

ブログを何気なくつけるだけで、皆さんの魅力部分をレッスンとは別角度からアピールする事になります。ですが、対面ではないので、ついプライベートの公開ブログだけに終わってしまいがちですが、そうではなく、レッスンのフォローをする事も出来ます。

誰に向けているものなのか?

メンバーさんは、皆さんの指導力と個人的魅力に引かれて集まってくれます。皆さんのブログは”不特定多数に向けたものでは無い”と言うことを忘れないように。
今書いている記事は、誰に向けているものなのかを意識すれば、その記事に意味が生まれます。

●初心者向けに書いているのか、上級者向けなのか
●あるクラスのメンバーさん向けなのか
●エアロなのか、ステップなのか
●妊婦さん向けなのか、高齢者向けなのか・・・

切り口は沢山あります。そこを意識すれば、記事の内容も投稿カテゴリーも決まってきます。

解りやすくするために

初心者向けに書く記事なら、”カール”を説明し、腕や足を曲げる動作で、どこの筋肉に作用するのか、どこを意識するのかHow To するのも良いでしょう。

解りやすくするために、写真を使ったり、時にはビデオを使って解説する。これならどのクラスでも利用できそうです。

普段の日記とは別に、メンバーさんのレッスンフォローになる記事や固定ページを作る事を忘れないように!その積み重ねが、皆さんの指導力と魅力の本質となり、集客にも繋がるはずです。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)