インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > ブログ活用術 > 第12回:アクセス数アップとアクセス解析

第12回:アクセス数アップとアクセス解析

  • 投稿日:2010-03-04(木)00:00
  • 最終更新日:2010-04-02(金)14:50

ここはコラム掲載時の原稿をそのまま表示したページです。

インターネットは対面式ではありません。インターネット回線の向こうで、誰かが見ているわけです。だから・・・

  • 何人の方が、ブログを見てくれているのだろう?
  • イベントの案内を見てくれているのだろうか?

と、思う事も多々ありますね。これはアクセス解析機能を使うと判断できます。ですが、その数値に囚われ過ぎてもいけません。

アクセス解析の本当のポイント

ブログの訪問者数や、記事別の表示数、あるいは、1日の時間別アクセス数等を数値(グラフ)として分析・記録する事ができます。
有名な所で「Google Analytics」があります。これはとても高機能なアクセス解析サービスです。ですがこの数値には、解りにくい見方の癖があります。例えば・・・

表示数(ページビュー)と訪問者数は違います。

表示数はページが何回表示されたかの回数で、1人が同じページを10回表示すれば、カウントは10となります。ですが、訪問者数は”1”ですね。2つの数値には3倍以上の差が有る場合もあります。
この訪問者数を正確に知ることは出来ませんが、大まかな指標を得ることは出来ます。それが”セッション数”と呼ばれる数値です。
セッション数は、1台のパソコンがブログを表示するとカウントされます。でも、セッション数=訪問者数ではありません(細かいルールはここでは省きます)ので、参考数値として捕らえると良いでしょう。

訪問者数が多ければ、良いというものではない。

大事なのは「誰が」「どんな人が」見てくれているかです。
まずは、”フィットネスに興味がある”、”あなたのブログに興味がある”等の訪問者が基本となります。そして、ぐっとローカルに、”地元の都道府県の方がどれくらい見てくれているか”が、重要ですね。
北海道や東京、九州の各地で活躍している皆さんのブログを、遠方の他府県のごく普通の方が見ても、接点を得る事がとても難しいわけです。なので、数値だけに振り回されてはいけません。

また、読者は”あなたの何に興味があるか”も重要ですし、”どの記事のリアクションが多いか”もアクセス解析から知ることが出来ます。これは「第8回」のコラムも参考にしてください。

400-12-01

アクセスを増やす、その他の指標

どんな検索キーワードを使って、ブログにたどり着いたかも、アクセス解析で知る事ができます。多く利用されているキーワード(名前以外)のうち、ブログ滞在時間の短いキーワードは、ブログの内容が不十分なのかも知れません。このキーワードを使用した記事を、増やしてみるのも1つの方法です。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)