インストラクターのブログ
ブログ活用術!!"できる"インストラクター・トレーナーの
ブログ活用術!!トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > ブログ活用術 > 第2回:写真とプロフィール

第2回:写真とプロフィール

  • 投稿日:2009-04-20(月)03:30
  • 最終更新日:2010-04-02(金)14:52

ここはコラム掲載時の原稿をそのまま表示したページです。

人を感じるブログに

皆さんは自分が感じた事を、日々綴って行く事がブログだと思っていませんか?自分の考えを読者に伝えていく事は間違っていません。ですが、意外と気づかないうちに、つぶやきだけのブログに片寄ってしまっている場合があります。

普段言葉にしない事を綴る事で、意外な側面を見せる事が出来ますが、ブログとして必要な事は大勢の人で溢れているブログである事を感じてもらう事です。そのためには、人の姿を感じさせる事が必要です。

皆さんがそこにいるブログ

まずは顔写真をブログに載せましょう。私はここに(ブログに)いますよ、というサインを送るわけです。

場所はトップページです。もちろん一番目に付きますから、好感を持てる写真が必要です。ブログの看板に使う場合は、それなりに撮影する準備が必要です。

次に、自己紹介のページに自分の写真を載せます。

自己紹介のページが無い方はいますか?!
皆さんの経歴やスキルを伝える必要があります。
この場合の写真ですが、楽しいポーズでもOKです。あえてフレンドリーな自分を表現した方が良いでしょう。

あなたの視線の疑似体験

日々のブログ内容に写真を加えます。頻度は、毎日から3日に1回くらい。ブログに写真を付け加える事で、記事の内容に、より臨場感やライブ感が生まれます。皆さんが見たものを、皆さんの目線で撮影するわけですから、そこには皆さんの感性と生活感が現れます。できれば、人としての暖かさが伝わる写真が良いですね。

前回、「ブログにはその人の生(なま)の言葉が出ているので、その人を感じる事ができる」と書きました。写真はそれを視覚でも伝えます。

投稿に載せる写真は、カジュアルなものでも構いませんが、ピンボケは避けましょう。
また、常に人が映っている必要はありません。大事なのは、ライブ感と皆さんの視線です。

注意点

まずは、写真のサイズ。ブログ用ですからパソコンの画面をはみ出るような大きな写真は必要有りません。
次に肖像権。人には誰にでも肖像権というものがあります。写真を撮る時には、ブログに使いますと断って置く事が大事です。
ここで、伝え切れなかった事を「ブログ活用術!!」ブログで補足しています。
自己紹介に乗せる事柄。撮影のポイント、写真をアップする時の注意点など。

■目次

  1. :arrow: 第2回:写真とプロフィール
  2. :arrow: 第2.1回:プロフィールを区別する 4/27公開
  3. :arrow: 第2.2回:名刺にQRコード 4/27公開

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)